Go to text Go to menu

ご挨拶

Home議会紹介ご挨拶
Song Han-Jun

京畿道議会議長
張賢国

1,370万人の京畿道民の皆様!
京畿道議会議長の張賢国(チャン・ヒョングク)です。

新型コロナウイルス感染症の長期化により、国民の生活は非常に厳しい局面を迎えております。
そんな困難を抱えている中でも、希望を生み出し、道民の幸せに貢献できるようさらに最善を尽くしてまいります。
京畿道議会第10代後半期の議政活動が、道民の誇りとなるように努めてまいります。
参加尊重議会をお約束いたします。
地方自治の持主はまさに道民の皆様です。
「道民の意見はすべて議会に届いている」という言葉が聞けるように、道民の声に耳を傾けます。
疎通と共感を大切にする議会をお約束いたします。
「疎通がなければ苦痛になる」という言葉があります。
議員が道民の代理人として様々な懸案をしっかり把握し、代案を提示できるように積極的に疎通いたします。
道民中心の議会は、京畿道議会が存在する理由です。
道民が持主となり、決定権が増え、自ら決定して責任を果たす中で幸せが大きくなるように取り組んでまいります。
道民による、道民のための京畿道議会となり、ひいては全国17の広域議会をリードする 自治分権の未来を道民とともに切り開いてまいります。

議長となり、「踏み石」の役割を果たすことをお約束いたしました。
難しく不便な「障害物」を道民の前から綺麗に片付け、新しい変化を起こす「踏み台」となるように努めてまいります。
皆様のご支援とご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。



 

京畿道議会議長 張賢国